祐斎亭 見学予約はこちらから

祐斎

夢こうろ染

夢こうろ染とは

「太陽を宿す」という幻の染を
現代に再現した「夢こうろ染め」の誕生。

夢こうろ染(ゆめこうろぞめ)の源は、日本最高位の染「黄櫨染(こうろぜん)の御袍(ごほう)」にあります。平安時代初期の820年、時の嵯峨天皇の詔により、黄櫨染は即位の大礼や大嘗祭など重要な儀式の際に天皇だけが着用できる第一礼装となった。以来1200年の長きにわたり、最も厳格な絶対禁色と定められております。天皇側近以外の目に触れる機会がなく、正確な染色法も一般には知られてなかった事から「幻の染」と呼ばれております。

その特徴は、太陽光によって装束が二つの色に変化する事です。
「太陽を宿す染」といわれ、装束表面に太陽光が当たると、渋い茶色が金茶色に。
また、装束の内側まで太陽光が透過する事で、内側が日本の太陽を象徴する「紅色」に変色する事です。

1992年、奥田祐斎が歴代天皇の黄櫨染を調査・研究する機会を得、その謎を解き明かして現代に再現。新たな色変化バリエーションを加えた染色技法を「夢こうろ染」(ゆめこうろぞめ)と名付ける。
平安期に始まり1200年以上の時をかけて発展してきた日本の国風文化独自の染色技術は1992年の発表以来、日本独自の染色技術として世界中で多くの人の目を驚かせ国内のみならずヨーロッパ、アジア諸国で高い評価を受けるに至っております。
2008年、ルーヴル宮内パリ装飾美術館にて作品展示、高い評価を得ています。

嵐山 祐斎亭
〒616-8386
京都市右京区嵯峨亀ノ尾町六MAP
アクセス
京福嵐山駅より徒歩10分
JR嵯峨嵐山駅より徒歩20分
阪急嵐山駅より徒歩20分
京都駅よりタクシーにて30分
嵐山 祐斎亭への道順道順
渡月橋を北へ渡り、桂川沿いを左へお進みください。
桂川沿いを進むと料理屋「亀山家」があり、さらに進みと車が停まっている場所があります。そちらを過ぎた辺りの階段を登っていただくと、「嵐山 祐斎亭」です。
※車が停まっている辺りより手前にある階段は、「嵐山公園」への階段です。お間違いの無いよう、お越しください。