祐斎亭 見学予約はこちらから

祐斎

嵐山 祐斎亭

嵐山 祐斎亭について

源氏物語の舞台となった嵐山は、平安時代より風光明媚な景勝地として貴族が別荘を構え、四季の移り変わりを楽しみ、その四季折々の風景は歌に詠まれ、小倉百人一首が生まれた歴史を持っております。

「嵐山 祐斎亭」は、築150年明治期の建造物です。元々は料理旅館「千鳥」という、京都の舞妓、芸妓憧れの地。ノーベル文学賞受賞された文豪、川端康成が逗留し「山の音」を執筆した場所としても知られています。

嵐山 祐斎亭への道順
渡月橋を北へ渡り、桂川沿いを左へお進みください。
桂川沿いを進むと料理屋「亀山家」があり、さらに進むと車が停まっている場所があります。そちらを過ぎた辺りの階段を登っていただくと、「嵐山 祐斎亭」です。
※車が停まっている辺りより手前にある階段は、「嵐山公園」への階段です。お間違いの無いよう、お越しください。

見学について

丸窓から眺める桂川は翡翠色に輝き、
1200年前の世界へと誘う。

平安時代より貴族が別荘地として四季の移り変わりを楽しみ、船遊びをした1200年前の風景を感じられる建物や庭を楽しみながらくつろいで頂き、染め体験もして頂けます(要予約・要相談)。

見学詳細


〜 2022年1月と2月のご案内 〜
●営業日 土曜日と日曜日と祝日
●見学料 2,000円(税込)
●時 間 10:00~17:00最終受付(17:30閉門)

★お抹茶セットご希望の方は1,000円(税込)にてご提供いたします。ご見学時にお申し付けください

【定休日】
展示会開催時や貸切時、年末年始はお休みとなります。

*10名を超える団体のお客様、婚礼撮影、商業用撮影に関しては必ず事前にご相談下さい。
 直接ホームページからご予約された場合は、当日ご対応出来ませんのでご注意下さい。
*お子様に関しましては、中学生以上からご入館頂けます。 料金:2,000円(税込)
*駐車場はございません。
*渡月橋を背に、山を左に、川沿い川沿いにお越し下さいませ。

嵐山 祐斎亭

公式ご予約サイトはこちら

見所
  • 元料理旅館「千鳥」という築150年明治期の建造物。
  • 川端康成が滞在し「山の音」を執筆した部屋でくつろいで頂けます。
  • 幻の染め「黄櫨染」の手法を現代に再現した夢こうろ染の作品をご覧頂けます。
  • 染色作家 祐斎の作品を直に触れご購入頂けます。是非お土産にどうぞ。
  • 季節によって表情を変える嵐山の庭を観ながら心静かな時間を堪能できます。
庭師

松浦 剛

NHK BS プレミアムの番組「京都人の密かな愉しみBlue修行中」で造園指導を担当。瑠璃光院、嵐山祐斎亭、厭離庵など京都の多くの名庭園を手がけ、苔マニアとしても知られている。

松浦剛
嵐山 祐斎亭
〒616-8386
京都市右京区嵯峨亀ノ尾町六MAP
アクセス
京福嵐山駅より徒歩10分
JR嵯峨嵐山駅より徒歩20分
阪急嵐山駅より徒歩20分
京都駅よりタクシーにて30分
嵐山 祐斎亭への道順道順
渡月橋を北へ渡り、桂川沿いを左へお進みください。
桂川沿いを進むと料理屋「亀山家」があり、さらに進むと車が停まっている場所があります。そちらを過ぎた辺りの階段を登っていただくと、「嵐山 祐斎亭」です。
※車が停まっている辺りより手前にある階段は、「嵐山公園」への階段です。お間違いの無いよう、お越しください。